昭和精機

沿革60年の歩み

沿革イメージ画像
創世記 1947年
昭和22年 初代社長藤浪二郎 兵庫県明石市に「昭和精機工作所」創業
神戸工場と取引開始 
1955年
昭和30年 神戸市須磨区に本社移転 社名を「昭和精機有限会社」 とし、
代表取締役に藤浪二郎就任
資本金160万円 
1958年
昭和33年 新聞掲載写真ポーラリーメータ(歪測定器)、
ダイオード洗浄機等委託製造を開始
1966年
昭和41年 神戸市兵庫区に本社・工場を移転



変革期 1971年
昭和46年 ロータリージョイントロータリージョイントを開発
1972年
昭和47年 プレッシャースイッチ『SPD』を開発
1973年
昭和48年 ロータリーカムロータリーカムスイッチを開発
1976年
昭和51年 ロータリーカムスイッチ無接点ロータリーカムリミットスイッチを開発
1981年
昭和56年 藤浪芳子が代表取締役社長へ就任
1982年
昭和57年 資本金を500万円に増資
1983年
昭和58年 クランパーポンプユニットクランパー、ダイリフター、ポンプユニットを開発
1984年
昭和59年

クランパー電子制御機器の開発製造を開始。
電子式ロータリーカムスイッチ
「アングルシーケンサー」を開発

1985年
昭和60年 神戸市兵庫区に第2工場を新設



グローバリゼーション 1986年
昭和61年 社名を「昭和精機株式会社」と改める
資本金1000万円に増資
1987年
昭和62年 クランパー電子式位置決め装置「ポジションスケール」を開発
1989年
平成元年 本社改築 第2工場を増設
1990年
平成2年 簡易型ポジションスケール「NPSD」を開発
1996年
平成8年 創立50周年を迎える
愛知県に中部営業所開設
第3工場を建設
2001年
平成13年 クランパー自走・移動式クランパー『MA』を開発
2002年
平成14年 子会社 (有)M&E と (有)F.T.M を設立
2004年
平成16年 中国北京に北京事務所設立
2005年
平成17年 愛知県小牧市に営業所開設
資本金を5000万円に増資
ISO9001認証取得
2006年
平成18年 稼働率分析表示器『PDM』を開発
2008年
平成20年 神戸市西区に本社工場(現在地)を移転
資本金9000万円に増資
2011年
平成23年 pdm2稼働率分析システム『PDM2』製造・販売開始
2012年
平成24年 本社工場敷地内にR&Dセンターを建設
2014年
平成26年 クランパーバッテリー型充電カート『エレカート』の
製造・販売開始
東京都台東区に関東営業所開設
2015年
平成27年 藤浪 智二が代表取締役社長へ就任